広島・宮島「焼きがきのはやし」

d0116268_5372694.jpg

宮島では、かきは普通に有名だが、広島県の隠れたローカルフード「あなご飯」が結構いけます。
d0116268_5415037.jpg

やっぱりこれですよ。宮島にきたら、忘れず食べましょう。
d0116268_544483.jpg

とってもベタな広島の観光地ですが、一生に一度は行ってもいいでしょう。
d0116268_5522419.jpg

車で行くと時は、駐車場の確保をなめてはいけません。平日でも、かなり遠くでないと空がない。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-12-15 05:52 | 徘徊

山口・岩国「錦帯橋」

d0116268_5104037.jpg

ここも、行ってみたかった場所。なぜが軍隊経験者の集合写真には錦帯橋をバックに撮影した写真をよく目にした。父親も祖父も世代が違うのに錦帯橋をバックに軍隊で集合写真を撮っていた。
軍隊の巡礼地なんでしょうか?
錦帯橋の前の出店です。今さら、橋の写真はもーえーでしょう。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-12-12 05:15 | 徘徊

島根・津和野

d0116268_574146.jpg

津和野でのお泊りはここです。宿はかなりの年代ものです。きっと由緒正しい旅館です。それよりも、担当していただいた仲居さんは、なんと75歳。れっきとした後期高齢者です。このお年で働けるというのは、本人も雇い主も立派なものです。
d0116268_5134592.jpg
d0116268_5141051.jpg

津和野には、教会があります。日曜礼拝に通っていた仏教徒としましては、幼い頃過ごした田舎を思い出すのでございます。
d0116268_5185163.jpg
d0116268_5191027.jpg
d0116268_5192327.jpg
d0116268_519441.jpg

d0116268_5224775.jpg

ここのお酒は私に合います。
d0116268_5354188.jpg
d0116268_5355940.jpg

d0116268_5374766.jpg

ほんとは、SLやまぐち号で津和野へ来たかったのだが、先週で終りだった。
d0116268_540146.jpg
d0116268_540391.jpg

この里芋がうまかった。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-12-07 05:42 | 徘徊

島根・浜田「しまねお魚センター」

d0116268_631890.jpg

「のどぐろ」だらけです。ほんとは、浜田で一泊したかった。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-12-05 06:05 | 徘徊

島根・温泉津温泉「薬師湯」

島根の方々にはほんとにお世話になっているし、特に大田市以西は「中村ブレイス」までしか行った事がなかったので、是非行ってみたかった。大田から邇摩、浜田、津和野、岩国、宮島と9号線経由の一泊二日だ。9号線がきついな。
ちょっと強行軍だが、この際、行ってみよう!
d0116268_19445272.jpg

温泉津です。ヒナビ度は山陰でもトップクラスです。温泉街のメインストリートは細いくてしかも対面通行なので、懸命なビギナーは海岸前の駐車場に駐車して歩きましょう。
d0116268_19501033.jpg

ご覧下さい。なまこ壁が崩れかかってますが、なんの注意書きもありません。見りゃ解るだろうというと言うことです。PL保険なんて知ったこっちゃない。それでいいんです。
d0116268_19552964.jpg

薬師湯です。建物のレトロ感は最高です。入口のアールなんかいいね。
d0116268_9404021.jpg

いかにもといった趣のある湯船です。湯温が高く、湯船もカラン周辺も狭いので、混雑時は居場所がありません。
泉質は良く効きますという外部評価が実感できます。朝5時からやってるのもいいね。

薬師湯共同湯
住所:島根県大田市温泉津町温泉津ロ7-1
電話:0855-65-4894
営業時間:5:00~21:00
定休日:無休
入浴料:大人300円 子供150円 洗髪料50円/家族湯(大人500円)
d0116268_9513323.jpg

d0116268_9515586.jpg

3階には休憩用テラスや無料のコーヒーサービスがあったりと、300円の共同湯とは思えない充実ぶりです。体にはいいし、お得度最高ランクです。
d0116268_5331111.jpg

お隣に薬師湯の旧舘?があるのですが、シブサではこっちが上かな。サナトリュームチックかな?
d0116268_538443.jpg

この斜め前に「泉薬湯」という共同湯があるのですが、湯あたりぎみなので今度にしとくわ。
d0116268_539750.jpg

なんだかお勧めの奉行飯というもので、ランチです。奄美大島の鶏飯(京阪と読みます。大阪方面にしか解りませんな)のようなものでしょうか?
d0116268_5433970.jpg

しかし、どちらかというと、こっちの温泉水で蒸した野菜の方がうまい。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-12-03 20:00 | 徘徊

鳥取・三朝温泉

d0116268_471944.jpg

夏、鳥取の三朝温泉に行ってきました。お宿は、正面突き当たりに見える「木屋旅館」です。
見るからに不思議そうな佇まいですが、思いっきりそうでした。
d0116268_411030.jpg

お部屋は2階ですが、結構低く、勾配があるので窓からの眺めはさらに不思議です。
お食事は、部屋出しなんですが、リフトなしで一階から配膳されるので大変です。
しかも、布団部屋から布団を持ち込んでしかれるので、大変です。
さらに、私が追加注文の追い討ちをかけるので、大変です。
d0116268_4191756.jpg

一番、普通のお風呂です。他に3つほどあるのですが、写真を撮りそこねました。
d0116268_421036.jpg

有名な旅館 大橋です。屋根の上にあるのはシャチホコ系ではなく、本物の鳥です。
d0116268_4224572.jpg

裏から見るとさらに圧巻な木造建築です。恋谷橋という三朝温泉が舞台の映画がもうじき上映されます。このたびの原発事故でラジウム系の温泉は逆風なのでしょうか?ちょっとさびしい感じでしたが、余りにも敏感に反応するのはどーなんでしょうかね。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-10-20 04:33 | 徘徊

奈良・猿沢の池「燈花会」

d0116268_19324569.jpg

d0116268_19441932.jpg

d0116268_19334872.jpg

快気祝いの「白雪ふきん」を買いに行った帰りに、8月5日~14日まで行われた「なら燈花会」を見てきました。
19時から21時45分まで点燈されますが三脚撮影は禁止ですので、手持ち撮影でブレブレです。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-10-15 19:45 | 徘徊

鳥取「大山トム・ソーヤ牧場」

d0116268_4431767.jpg

こんな風に塀の中で放し飼いです。
d0116268_4443793.jpg

お客さんが塀の中に入ると、全員仮眠状態です。
d0116268_4463995.jpg

死んだマリーに良く似た子を見つけました。実は嫁さんが、テレビでこの子が放映されているのを見て会いに来たのです。
d0116268_4494248.jpg

大型犬もいますが、噛み付いたりはしません。皆、よく教育されています。

大山トム・ソーヤ牧場
営業時間 ● (放牧時間) AM9:00~PM6:00(季節により変更いたします) 年中無休
入場料 ● 3歳~小学生 700円 中学生以上 800円(30人以上の団体 お1人様700円)
所在地 ● 〒689-3513 鳥取県米子市岡成622-2(大山観光道路沿)無料駐車場完備
連絡先 ● TEL 0859-27-4707(代) FAX 0859-27-4834
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-10-08 04:56 | わんこ

高松は結構おもしろい

d0116268_5505662.jpg

なんじゃこれ?どうやら飲食店のようですが・・ビアガーデンもあるようで・・・?この風体は必要なのか・・・?
d0116268_5542242.jpg

近くには未だにこんなんもあったり・・・しかも、妙な神社のとなりです。
d0116268_60627.jpg

これが位置関係です。結構高松はうどんだけじゃない再発見がありそうです。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-10-03 06:03 | 徘徊

長宗我部元親は不思議人?

d0116268_11285880.jpg

長宗我部元親は、坂本龍馬と並ぶ高知の有名人だが、とても不思議な人のようである。大体、身長が180cm以上あったとか、60歳以上まで生きたとか。当時の日本人では規格外だったようだ。
デビュー戦も22歳と戦国大名としては、えらい遅い。その時、多分ご近所の若宮八幡宮に必勝祈願に行ったようだ。幼少のころは、色白でおとなしい性格だったためか「姫若子」と言われた。
初陣以降は数々の成果を上げ、私の田舎の西園寺の領地まで遠征したようだ。
平時は農民だが、戦時には武装する「一領具足」という画期的な防衛システムを構築し、領民からの信頼も厚く、特に豊臣秀吉との饅頭のやり取りの逸話は、よく人柄を表しているかな。
この像は、デビュー戦の必勝祈願に行った神社にあるのだが、戦国武将の中でも躍動感が抜群で迫力がある。今までのナンバーワンかな。
[PR]
# by kazuki-tanaka2 | 2011-10-02 12:02 | 徘徊